ひとは『われはこれこれのものである』と考えるそのとおりのものとなる。それと異なったものになることは、あり得ない
出典: ブッダ
ホーム >  講師紹介 >  ビジネス >  湯澤 悟
 相手が腑に落ちる言葉で自発的行動を加速させ、成果のプロセスに寄与する
パワハラ対策専門コンサルタント
湯澤 悟


湯澤 悟(ゆざわ さとる)

 

社会保険労務士

大阪企業人権協議会人権リーダー

人事コンサルタント

公益財団法人21世紀職業財団セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント防止コンサルタント及びハラスメント防止研修客員講師

 

■所 属 湯澤社会保険労務士事務所 

 

■略 歴

1972年(昭和47年)8月生まれ、埼玉県出身。 

1991年:浦和実業学園高等学校卒業。同時に中央商科短期大学証券学科入学(1993年卒)。

1991年~1995年:一成証券株式会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)。

1996年~2000年:コンビ株式会社(ベビー用品メーカー)

2000年~2001年:株式会社ほっかほっか亭(現株式会社プレナス)

 

 約10年間、主に人事部にて労務管理業務全般、給与計算、人事評価制度構築・運用、中途・新卒採用業務、教育研修業務等に従事。

 

2002年:湯澤社会保険労務士事務所開業

 開業後14年間で、延べ15,000件超の人と組織のコミュニケーションエラーを起点とする各種の労務管理問題を「腑に落ちるアドバイス」で解決に導く。ミッションは、「相手が腑に落ちる言葉で自発的行動を加速させ、成果のプロセスに寄与する」、ビジョンは、「社会的意義のある教育を通じて日本の成長と利益の最大化に貢献する

~言葉の定義を整え、人間関係の“ワクワク感の醸成”と“感動体験”を通じて、日本の企業を元気に、そして強くする~」である。そして、その全ての礎となる人としての在り方は「源は我にあり」である。

 

 セミナーや研修では、受講者が「眠くならない、つまらないと感じない、聴いていて辛いと感じない」をモットーに、難解な法律専門用語は誰にでも理解できる言葉に置き換え、途中途中に簡単なワーク(知識への変換(思っていることを言葉に出したり、紙に書いたり))を取り入れ、セミナーや研修後に受講者がスグに行動出来るように進めることには非常に定評がある。 

 

 

▼専門分野

 

コンプライアンス研修(パワーハラスメント防止研修含む)

 

※大手通信会社、大手音楽会社、大手アパレル会社等をはじめ年間約100回登壇

 

電話番号パワハラ対策専門コンサルタント
相手が腑に落ちる言葉で自発的行動を加速させ、成果のプロセスに寄与する
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 33  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 33    
人材教育.com
ホームに戻るメッセージ講演講師一覧研修プログラム一覧事業概要利用規約プライバシーポリシー会社概要お問合せ
〒130-0026 東京都墨田区両国4-37-2 TKF会館2階
TEL03-5638-7223 FAX03-5638-7224
人材教育.com
Copyright(C)2008 HumanSkillPlanet co.ltd All rights reserved.